パワーウェーブライドの効果、使い方、口コミ、販売店情報

パワーウェーブライドは、日テレの通販番組「女神のマルシェ」で紹介され、注目を集めています。

女神のマルシェでは、パワーウェーブライドを使用したときの、モニター調査の結果が紹介されています。

おへそ周り82cmの女性が3週間パワーウェーブライドを使用して、74cmになりました。

おへそ周り-8cm達成です。

下の画像をクリックして、パワーウェーブライドの詳細を確認してみてください。

はじめに

パワーウェーブライドは、立って乗るタイプの振動マシンとして人気を集めた、パワーウェーブシリーズの、座り乗りタイプです。

これから、パワーウェーブライドの特徴や使い方、口コミ、販売店情報をお伝えしますので、読み進めてみてください。

特徴1:5段階の強度調整

パワーウェーブライドの強さは5段階に調節できます。

本体についている「手動モードボタン」を押すたびに、強度1から順に強くなり、強度5までいったら、その次はまた強度1に戻ります。

現在の強度レベルは、本体についているLEDライトで確認することができます。
強度1=白色
強度2=黄色
強度3=緑色
強度4=青色
強度5=紫色

特徴2:振動回数

パワーウェーブライドの振動回数は、1分間に540回、15分で最大8100回です。

本格的な振動マシンと同じくらいの振動回数のため、座って震えるだけで、体幹を鍛えたり、ウエスト、腹筋の筋トレの効果が期待できます。

特徴3:3つの自動モード

パワーウェーブライドには、3つの自動モードが設定されています。

本体の自動モードボタンを押すたびに、弱・中・強の自動モードが切り替わります。

1、弱モード
強度レベル3で長めに負荷をかけることで、脂肪燃焼の効率を上げる「脂肪燃焼モード」です。

2、中モード
強度レベル2から徐々に強くなっていき、強度レベル5に達したら、強度レベル2まで徐々に弱くなっていくという「筋力アップモード」です。

3、強モード
強度レベル2の振動を受けている間に、断続的に強度レベル5が混ぜ込まれることで、筋力アップと脂肪燃焼を目指す「インターバルモード」です。

パワーウェーブライドの使い方

パワーウェーブライドは、幅の広いほうに普通に座るだけで、腹筋を刺激することができますが、体勢を少し変えるだけで、より効果的な使い方をすることができます。

1、普通に座っている状態から、上半身を少し後ろに倒しながら、膝を曲げ、足を少し浮かせます。
この時に、腕を前にあげて、背中を丸めないようにするのがポイントです。
この体勢で乗ることで、より腹筋に負荷をかけることができます。

2、パワーウェーブライドを縦にして少し深めに座ることで、腹筋と太ももを刺激することができます。
さらに、両足を曲げて浮かせ、両ふくらはぎでパワーウェーブライドを挟むことで、乗馬のようなエクササイズができ、より腹筋と太ももに負荷をかけることができます。

3、パワーウェーブライドを横にして、その上に膝立ちすると、腹筋、太もも、お尻を刺激することができます。
さらに、かかとにお尻を近づけるように膝を曲げ、お腹と太ももを近づけるように腰を曲げる姿勢と、普通の膝立ちを、スクワットのように伸ばしたり曲げたりすることで、より腹筋、太もも、お尻に負荷をかけることができます。

この他にも、パワーウェーブライドは、リラクゼーションとしても使えます。

1、もう一つ椅子を用意して、そこに座り、パワーウェーブライドの上にふくらはぎを乗せることで、ふくらはぎのリラクゼーションになります。

2、正座して、土下座の体勢でパワーウェーブライドの上に手を乗せることで、二の腕のリラクゼーションができます。

パワーウェーブライドの口コミ

・座っているだけなのに、数分で少し汗ばんできます。15分使うと、運動した後のような疲労感と爽快感があります。

・テレビを見ながらでも楽に使えます。座るだけなので続けられそうです。

・1か月半毎日使っていたら、ある日突然動かなくなりました。問い合わせをしたら、新しいのを送ってくれたので良かったです。

新製品のため、口コミがまだ少ないです。

パワーウェーブライドの口コミは少ないですが、同じパワーウェーブシリーズでも口コミがたくさん書き込まれている振動マシンがありますので、そちらの記事が参考になると思います。

こちらです⇒パワーウェーブミニの効果、違い、使い方、口コミ

パワーウェーブライドの販売店情報

パワーウェーブライドは、楽天で送料無料の税込み24,800円で販売されています。

セット内容は、パワーウェーブライド本体、取扱説明書です。

サイズは、横54.4cm×縦31.9cm×高さ42.4cmで、重さは11.5kgです。
耐荷重は90kgです。

保証期間は1年です。

支払方法は、クレジットカード、銀行振込、代金引換、コンビニ決済の中から選べます。

下の画像をクリックして、パワーウェーブライドの販売店情報を確認してください。

さいごに

パワーウェーブライドは、トリプルパワーウェーブやセブンパワーウェーブに比べて、圧倒的に楽に運動ができるようになっています。

運動したくないどころか、立ちたくもないというほどお尻が重い人は、試してみてください。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
縦振動、横振動、微振動を合わせた7種類の振動パターンで全身を刺激する振動マシン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする