シックスパッドフットフィットの特徴、使い方、口コミ、販売店情報

シックスパッドフットフィットは、シックスパッドシリーズの新製品です。

日経新聞でも「足を鍛えるシックスパッド」として取り上げられ、注目を集めています。

下の画像をクリックして、シックスパッドフットフィットの詳細を確認してみてください。

はじめに

シックスパッドフットフィットは、床に置いたフットフィットの上に、椅子に座って足を置くという、新しいタイプのEMS器具です。

これまでの、お腹、腕、太ももの筋肉を鍛える器具に加えて、ふくらはぎの筋肉も鍛えることができるようになりました。

これから、シックスパッドフットフィットの特徴や使い方、口コミ、販売店情報をお伝えしますので、読み進めてみてください。

特徴1:電気の流れ

シックスパッドフットフィットは、電気が足の裏から入り、ふくらはぎ、前すね、太ももを通って、右から左、左から右へと流れます。

この電気の流れで、歩くときに使う筋肉を効率的に刺激していきます。

特徴2:周波数

シックスパッドフットフィットは、これまでのシックスパッドシリーズの製品と同じ20Hzを採用しています。

この20Hzという数値は、EMSを40年以上研究した京都大学教授が導き出した数字です。

20Hzは、50Hzや80Hzに比べて、筋肉が力を出し続けられる強さなので、効率的にトレーニングを行えるということのようです。

また、低周波は皮膚への抵抗が大きいため、ピリピリ感が嫌いな人にはなかなか受け入れられませんでした。

しかし、販売元のMTGの技術開発で、低周波を使っても、ピリピリとした痛みを感じない独自波形が開発されたので、痛みに敏感な人も安心して使えるようになりました。

特徴3:IoT

シックスパッドフットフィットはBluetoothでスマホとつなげることができます。

スマホのアプリと連携させることで、すべての操作をスマホからできるようになります。

ワンタッチで、いつもと同じレベルのトレーニングを開始することもできますし、残り時間を確認することもできます。

トレーニングをすれば、mpというマッスルポイントを獲得することができ、ゲーム感覚で筋トレを継続させることができます。

フットフィットの使い方

1、機器の準備
シックスパッドフットフィットは、充電式ではなく、アルカリ乾電池を4本使います。

使用回数は、強さのレベルを上げるほど少なくなりますが、最高レベルのレベル20で約30回、レベル8で約60回が目安になります。

充電式ニッケル水素電池も使えますが、電池残量などの表示が正確に表示できないエラーなどが起こる場合があります。

2、足の準備
シックスパッドフットフィットを使用するときは、靴下などを脱いで素足になります。

足裏が乾いていると通電しにくいので、お風呂上りや、足の裏を濡れタオルなどで拭いて湿らせます。

3、使用直前
フットフィット本体の、足を乗せる部分の、一番盛り上がっているところに土踏まずがくるように足を乗せます。

4、開始
強さのレベルは、ふくらはぎの筋肉に、グッと力が入るくらいがちょうどいい強さです。

強さに慣れて、ふくらはぎの筋肉が動かなくなってきたら、徐々にレベルを上げていきます。

毎日使用できますが、1日何回も使用すると、筋肉疲労を起こすため、1日1回までとされています。

5、お手入れ
本体が汚れたら、乾いた布で拭き取ります。

シックスパッドフットフィットの口コミ

・EMSはジェルパッドが必要なものが多いですが、このフットフィットはパッドがいらないところが良いとおもいます。
軽いので持ち運びが楽で、場所を選ばずに使えるので、何回か使うと足の冷えが改善されてきました。
・iPhoneと連携させると経過時間などがわかるのですが、本体だけでは強度レベルしか表示されないのが、ちょっと不親切だなと思いました。
肝心の足への刺激は、ビンビンと来ているので、弱った下半身が鍛えられれば満足です。
・充電式ではなく乾電池式というのが少しめんどくさいと思います。
ただ、乾電池でも強度レベル20のうちの10くらいで十分強い刺激がくるので満足はしています。
無音なので、時間を選ばずいつでもできるというのもプラスなところです。
・電気の強さも結構強くて、整形外科でリハビリに使っているものと同じような体験をできます。
使い方も簡単で、スポーツジムなどにもいけない人は、筋肉が衰えないようにはできそうな気がします。
・最近よくつまずくようになって、足の筋肉が弱ってきている自覚があったので、フットフィットを試してみることにしました。
音がでないので、テレビを見ながら使えるのが楽だと思いました。
23分使ったあとは、運動した感じはないのに、足が軽くなってむくみも解消されました。
毎日続けるのも苦ではないので、これは当たりだと思います。

シックスパッドフットフィットの販売店情報

シックスパッドフットフィットは、楽天で送料無料の税込み39,744円で販売されています。

耐荷重は120kgです。
耐荷重は120kgありますが、立って乗ることはできません。
また、モニター部分や操作部分は荷重に耐えられないので、そこに負荷をかけると壊れます。

保証期間は1年です。

支払方法は、クレジットカード決済、代金引換から選べます。

下の画像をクリックして、シックスパッドフットフィットの販売店情報を確認してください。

さいごに

下半身を鍛えることで、身体のバランスが整えられたり、身体機能の改善が期待できます。

スポーツのために身体を鍛えている若者だけでなく、30歳を超えて筋肉が衰えだしてきている人も、シックスパッドフットフィットを使うことで、筋肉の衰えを遅らせることができるのではないでしょうか。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
低周波と中周波を使った人気EMS器具

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする