パワーウェーブスマートの機能、使い方、口コミについて

パワーウェーブスマートは、パワーウェーブシリーズの2019年春夏モデルです。

パワーウェーブシリーズには「トリプルパワーウェーブ」や「パワーウェーブミニ」などがあり、通販番組でもよく取り上げられ、注目度の高い振動マシンとなっています。

そんなパワーウェーブスマートは、全機種のパワーウェーブミニと比べて

  • 振動回数
  • 振動面の形状
  • サイズ

が変わっています。

パワーウェーブスマートの詳細は、下の画像をクリックして確認してください。

この記事では、パワーウェーブスマートとミニの機能・特徴の違い、使い方、口コミ、販売店情報についてお伝えしますので、読み進めてみてください。

パワーウェーブスマートとパワーウェーブミニの機能の違い

パワーウェーブスマートとミニの

  • 振動タイプ
  • 振動回数
  • 振動レベル調節
  • タイマー設定
  • プログラムモード

について確認していきます。

振動タイプ

パワーウェーブスマートの振動タイプは、明記されていませんが、おそらく上下振動のみです。

パワーウェーブミニも上下振動のみだったので、振動のタイプは変わっていません。

振動回数

パワーウェーブスマートの振動回数は、1分間に570~850回です。

ミニの振動回数は、1分間に540~850回でした。

振動回数の最大は850回でどちらも同じですが、最小が570回と540回で1分間に30の差があります。

個人的には、あてる部位や体調によって弱い振動を使いたいときもあるので、振動回数には幅があるほうが良いと思っています。

スマートとミニの差は30回しかありませんが、ミニのほうが少しだけ良いのではないでしょうか。

レベル調整

パワーウェーブスマートもミニもレベル調節は30段階に調節できます。

タイマー設定

パワーウェーブスマートは、推奨使用時間が10分なので、おそらくオートタイマーで10分で電源オフになるような設定がされていると思われます。

ミニもタイマーは10分で設定されているので同じです。

プログラムモード

パワーウェーブスマートとミニのプログラムモードは同じで、

  1. 脂肪燃焼モード
  2. 筋力アップモード
  3. インターバルモード

の3種類搭載されています。

脂肪燃焼モード

脂肪燃焼モードは、振動レベル20以下の弱めの振動を長めに行うことで、脂肪の燃焼を目指します。

低いレベルで行うので、筋力や体力に自信がない人でも無理なく使えるモードです。

筋力アップモード

筋力アップモードは、振動レベルが階段状に25レベルまで上がっていき、その後階段状に下がってくるというモードです。

1つのモードで弱い負荷から強い負荷をかけることで、多くの筋肉を使い筋力をアップさせることを目指します。

インターバルモード

インターバルモードは、振動レベル10程度の弱い振動の間に断続的に25レベル程度の強いレベルの振動をはさみます。

断続的に強い負荷をかけることで、脂肪燃焼と筋力アップの両方を目指します。

特徴の違い

パワーウェーブスマートとミニの

  • 振動面の形状
  • サイズ、質量
  • 付属品

について確認していきます。

振動面の形状

パワーウェーブスマートの振動面はストレートです。

ミニの振動面はカーブを描いたウイング型でした。

ウイング型はストレート型に比べて振動が滑らかになり、頭痛を起こしにくいと言われています。

なので、個人的にはウイング型を採用しているミニのほうが良いと思っています。

サイズ・質量

パワーウェーブスマートのサイズは、

幅60.0cm×奥行38.6cm×高さ14.3cm、重さ8.8kg

です。

これに対し、ミニのサイズは、

幅62.5cm×奥行34.5cm×高さ14.0cm、重さ8.8kg

でした。

比較すると、スマートのほうが少し小さくなっていますが、重さはまったく同じなので、移動させるときの手間は変わらないと思います。

付属品

パワーウェーブスマートとミニに付いてくる付属品は同じで、

『専用マット、リモコン、電源コード、取扱説明書』

です。

パワーウェーブスマートとパワーウェーブミニの機能と特徴を表にするとこんな感じです。

パワーウェーブスマート パワーウェーブミニ
振動タイプ 縦振動 縦振動
振動回数 570~850回 540~850回
レベル調節 30段階 30段階
プログラム数 3種類 3種類
振動面 ストレート型 ウイング型
サイズ 幅60.0cm×奥行38.6cm×高さ14.3cm 幅62.5cm×奥行34.5cm×高さ14.0cm
重さ 8.8kg 8.8kg
価格 ¥21,600 ¥17,800

パワーウェーブミニの詳細はこちらです
⇒パワーウェーブミニの効果、違い、使い方、口コミについて

使い方

パワーウェーブスマートの使い方は、

1、電源コードをつなぐ
2、電源ボタンを押す
3、時間を設定する
4、振動レベルを設定する
5、振動開始ボタンを押す

と、操作は簡単です。

基本的には足を肩幅程度に開き、膝を傷めないように少し曲げて直立するだけなのですが、乗り方を変えることで、部位別の効果的な鍛え方があるので紹介します。

乗り方

太ももを鍛える

本体の端まで両足を開き、お尻を後ろに引くように膝を曲げます。

この体勢で乗ることで、大臀筋、ハムストリング、大腿四頭筋を鍛えることができます。

お腹・太ももを鍛える

本体に直接座り、両足をそろえて胸近くまで高く上げます。

この体勢で乗ることで、腹直筋、腹横筋、大臀筋を鍛えることができます。

体幹を鍛える

本体の上に両手を乗せ腕立て伏せの体勢になります。

この体勢で乗ることで、腹直筋と腹横筋などの体幹を鍛えることができます。

パワーウェーブスマートの口コミ

これを使いだしてから、動くのが楽になってきました。
周りからはお尻が小さくなったと言われます。
他社の振動マシンに比べてコンパクトなところが良いです。
軽くて持ち運べるので、家族全員で使っています。
エアロバイクと振動マシンのどちらにするか迷ってこちらにしました。
場所もとらないし、テレビを見ながら運動できるので、今のところ正解だったと思っています。
乗り方によって体にかかる負荷が変わるところが便利だと思います。
私はお尻から太ももにかけた脂肪が気になるので、中腰の体勢で頑張っています。
朝昼夜に1回ずつ毎日3回使っていたら、1週間くらいでお尻やわき腹あたりが引きしまってきました。
気を抜いたらすぐに戻ってしまいそうなので、戻らないように毎日続けようと思います。

パワーウェーブスマートの販売店情報

パワーウェーブスマートは、楽天で送料無料の税込み21,600円で販売されています。

カラーは、ブラックとシルバーの2色。

セット内容は、本体、リモコン、電源コード、フロアマット、取扱説明書です。

下の画像をクリックして、パワーウェーブスマートの販売店情報を確認してください。

さいごに

パワーウェーブスマートとパワーウェーブミニは、機能も特徴もほとんど同じなので、振動マシンが欲しいと思ったときに、二つの価格を比べて安いほうを選べば良いと思います。

二つのマシンの価格が同じ場合は、個人的には「振動面の形状」と「振動回数」がミニのほうが優れていると思うので、パワーウェーブミニをおすすめします。

振動マシンランキングはこちら
⇒振動マシン 人気・高評価・高機能 ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする