ライフフィットツイストロールの効果、機能、使い方、口コミについて

ライフフィットツイストロールは、これまで販売されてきた振動タイプの電動フォームローラーに「ひねり」を加えた新しいタイプのローラーです。

振動ローラーにひねりを加えることで、より広範囲の筋肉を伸ばすことができるようになりました。

ライフフィットツイストロールの詳細は、下の画像をクリックして確認してください。

この記事では、ライフフィットツイストロールの効果、機能、特徴、使い方、口コミ、販売店情報についてお伝えしますので、読み進めてみてください。

ライフフィットツイストロールの効果

ライフフィットツイストロールの効果は、広範囲の筋肉を伸ばせることです。

ライフフィットツイストロールには、

・ひねり
・振動

の2つの機能があり、その2つが組み合わさることで、より広範囲の筋肉を伸ばすことができる仕組みになっています。

このストレッチの効果は、

・スマホやパソコンの使い過ぎで前かがみの生活を中心に行っている人
・運動不足の人
・姿勢が悪い人

には、短時間で柔軟性をアップさせられるため、最も効果的に働きます。

首や肩の筋肉がカチカチに固まっている人は、ライフフィットツイストロールを肩甲骨の下に置き、ひねりながら振動させます。

肩甲骨の下でツイストさせることで広範囲のストレッチが可能になり、ツイストの動きがまるで手で押し伸ばすように筋肉にアプローチしてくれます。

腰から下の筋肉がカチカチに固まっている人には、本体をふくらはぎの下に置いてひねり振動させることが効果的です。

ふくらはぎの下でツイストさせることで、左右の足が交互に動かされ骨盤周りまでストレッチの効果を波及させることができます。

通販番組内での検証

通販番組内での検証では、ふくらはぎ3分+太もも3分で合計6分のストレッチを行った結果、体の柔軟性が上がり、使用前と使用後で体前屈の数値が7cmアップ。

5分間肩甲骨にあてた女性は、

お腹周り 94cm → 90.5cm  -3.5cm

その他のモニターの人たちも

1人目:お腹周り-6cm
2人目:お腹周り-4cm
3人目:お腹周り-3cm

と、もともと細身の人も、丸まった姿勢が正されることで、一時的にポッコリお腹が変化するという効果が現れていました。

ライフフィットツイストロールの機能について

振動レベル調節

ライフフィットツイストロールの振動レベルは、遅・速・遅&速の3段階に設定できます。

本体で設定できるのは3段階ですが、本体に電源コードをつないでいるときとつないでいないときの振動回数が違うという特殊な構造になっているので、細かく見ると6種類の振動回数があります。

コードレスでの振動回数

遅:1分間に2,300回
速:1分間に3,300回
遅&速:1分間に2,300~3,300回

電源コードをつないで使うときの振動回数

遅:1分間に2,500回
速:1分間に3,500回
遅&速:1分間に2,500~3,500回

コードレスで使うときよりもコードをつないで使うほうが強い振動を起こせるようになっています。

角度調節

ライフフィットツイストロールは、正転と反転を繰り返すことで体にひねりを加えます。

そのひねりの角度は、小・中・大の3段階に調節できます。

小: 正転12° → 反転24° → 正転12°
中: 正転18° → 反転36° → 正転18°
大: 正転30° → 反転60° → 正転30°

中は小の1.5倍、大は小の2.5倍の角度があるので、小さいひねり幅から徐々に大きくしていくことで、股関節の可動域UPも期待できます。

その他の特徴について

サイズ

ライフフィットツイストロールのサイズは、直径14cm×長さ34.5cmです。

一般的な電動フォームローラーと比較すると、だいたい同じくらいの大きさになっています。

重さ

ライフフィットツイストロールの重さは、2.1kgです。

ひねりが加わった電動フォームローラーはこのツイストロールが初めてなので、単純に比較できるものはありませんが、一般的な電動フォームローラーと比べると、1.5倍~2倍程度の重さになっています。

ただ、それほど重たいものでもないので、家の中で使うぶんには問題ないと思います。

外に持ち運んで使おうと考えている人には、もっと軽い1kgを下回るような軽い電動フォームローラーがおすすめです。

1kg以下の電動フォームローラーで人気のものには、ほんまでっかTVでも紹介された「ストレッチロールS」というものがあります。

ストレッチロールSの詳細はこちら
⇒ストレッチロールSの特徴、使い方、口コミについて

耐荷重

ライフフィットツイストロールの耐荷重は90kgです。

ひねりを加えるために本体が真ん中でわかれているので、強度が落ちるのは仕方なさそうですが、一般的な電動フォームローラーと比べると少しだけすくなくなっています。

使い方

ライフフィットツイストロールの使い方は、

1、電源スイッチを「入」に切り替える
2、角度設定ボタンを押して角度を設定する
3、振動動作ボタンを押して振動レベルを設定する
4、本体を地面に横向きに置き、ほぐしたい部位を乗せる
5、ストレッチが終わったら、電源スイッチを「切」に切り替えて保管する

の手順です。

部位別の使い方

肩甲骨の下あたりに本体がくるように仰向けになる。

頭が宙に浮くので、両手で支える。

腰の下あたりに本体がくるように仰向けになる。

ひざを立てて腰が反らないようにバランスをとる。

お腹

へその下あたりに本体がくるようにうつ伏せになる。

お腹全体にあたるように両腕で支える。

お尻

足の付け根の下あたりに本体がくるように本体の上に座る。

足は少し開いて、本体が動いて転ばないように手で支える。

ふくらはぎ

ふくらはぎの下に本体がくるように座る。

安定感がない場合は、後ろでをつき、お尻を少し浮かせてバランスをとる。

足首

足首の下に本体がくるように仰向けになる。

ライフフィットツイストロールの口コミ

本体にふくらはぎを乗せて振動させると、筋肉がゆるめられて伸ばされているのが実感できます。
振動もすごいのですが、ふくらはぎを乗せると、ただただ寝ているだけで腰までしっかりとストレッチができています。
3分程度使うだけでも足や肩がすごく楽になります。
肩甲骨の下に置いて使うと、背中がこじ開けられているかのように伸ばされて気持ちいいです。

ライフフィットツイストロールの販売店情報

ライフフィットツイストロールは、楽天で送料無料の税込み15,074円で販売されています。

カラーは、ブルーとレッドの2色。

セット内容は、本体、ACアダプター、収納袋、取扱説明書です。

支払方法は、クレジットカード決済、銀行振込、代金引換、コンビニ決済があります。

下の画像をクリックして、ライフフィットツイストロールの販売店情報を確認してください。

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます
⇒3Dコンディショニングボールスマートの機能、使い方、口コミについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする