ボミーEMSスタイルマットの効果は?口コミも参考に

ボミーEMSスタイルマットは、人気youtuberによって紹介され注目を集めています。

しかし重要なのは、このボミーEMSスタイルマットにどのような効果があるかということではないでしょうか。

この記事では、ボミーEMSスタイルマットの効果、機能、使い方、口コミ、販売店情報を紹介します。

販売を開始してから、あっという間に販売台数10万台を突破した「ボミーEMSスタイルマット」の詳細は、下の画像をクリックして確認してください。

ボミーEMSスタイルマットの効果とは

ボミーEMSスタイルマットには、ナチュラルウォークとストロングウォークという2つのモードがあり、電流が左右のふくらはぎや太ももを行き来することで、ウォーキングをしたときの負荷を再現したトレーニングを行います。

1、ナチュラルウォーク
4Hz~32Hzを使って、エストニアの首都タリンの旧市街地のウォーキングデータを元に再現したプログラム

2、ストロングウォーク
4Hz~41Hzを使って、エストニアの首都タリンの旧市街地の緩やかな上り坂のデータを元に再現したプログラム

ナチュラルウォークを選んでも、ストロングウォークを選んでも、どちらのモードにも周波数に強弱の波がついているので、振動に筋肉が慣れることはなく、効果的にトレーニングをすることができます。

効果に関する口コミには、

25分間のプログラムをやった後は、足がフラフラして、長距離を走った後のような疲労感があり、筋肉が使われたという実感ができます。
ふくらはぎへの刺激がすごい!ストロングモードで25分使うと、ふくらはぎがスッキリします。
ボミーを使った次の日はふくらはぎが筋肉痛になります。
生理前などは、足がかなりムクむのですが、ボミーを使い始めてから、ムクみがマシになりました。
ふくらはぎを細くしたいと思ってボミーを買いましたが、3日くらいで太ももがスッキリしてきました。

といったものがあり、足の筋肉がしっかりと使われていることがわかります。

機能や特徴

ボミーEMSスタイルマットの機能は次の通りです。

「周波数」は、4Hz~41Hzの低周波を採用。

「モード」は、ナチュラルウォークモードとストロングウォークモードの2つ。

「使用時間」は、25分間の自動プログラム。

「レベルの調節」は、15段階です。

周波数については、脳から伝わる電気信号が20Hz程度ということから、EMS器具に20Hz前後の周波数が使われることが多いです。

ボミーEMSスタイルマットは、実際に街や坂を歩いたデータを元に、4Hz~41Hzの低周波を採用しいますが、20Hz前後の周波数は、理論とデータの両面で適しているのだと思われます。

その他の特徴として、

「サイズ」は、幅31cm×奥行31cm×厚さ0.7cmで、重量が111g。

「表面の素材」は、滑りにくいように高密度ポリウレタンが使われています。

「ジェルパッド」は、EMS器具によく使われますが、ボミーEMSスタイルマットでは使いません。

「お手入れの方法」は、水ぶきができるので、常に清潔を保てます。

「開発国」は、エストニアです。

エストニアは、Skypeを開発した国でもあり、ソフトウェア開発が盛んで、外国のIT企業もたくさん進出しているIT大国で、電子技術が非常に発達しています。

使い方、充電、乗り方について

使い方について

ボミーEMSスタイルマットは、使い方と言ってもボタンが4つしかないので、難しい設定はありません。

本体に付いているコントローラーとリモコンのどちらでも操作が可能です。

使い方は次の通りです。

1、裸足で本体の上に足を乗せる

2、□ボタンを押すと動き出します

3、Mボタンでモードを選択する

4、プラスとマイナスのボタンで強さを設定する

充電について

発送するときには充電がされていないので、届いてから60分以上充電する必要があります。

充電の仕方は、本体の上のほうについているピンクの丸いもの(コントローラー)を取り外し、付属のUSBケーブルを使って充電します。

充電中は青が点滅していて、充電が終わると緑の点灯に変わります。

USBが使えない人は、100均などで家庭用コンセントとUSBの変換アダプターを買えば、家庭用コンセントからも充電できるので、それで対応してください。

乗り方について

ボミーEMSスタイルマットの販売店サイトには、特に乗り方については書かれていません。

基本的には、本体の上に両足が乗っていれば使えるので、みなさん自分流のいろいろな乗り方をあみ出されているようです。

一番多い乗り方は、やはり椅子などに座って、本体に足を乗せる使い方です。

そして、効いているのが実感しやすいという乗り方は、立ち乗りです。

ユニークな使い方には、

ベッドに仰向けで寝転がって足だけおろす使い方。

本体ごと布団の上に置いて、寝転がって足を乗せるという怠惰な使い方もあります。

壁に本体を立てかけて、足で本体と壁を押すように仰向けに寝転がるという使い方をしている人もいるようです。

また、お尻や太ももを直接乗せるという使い方をしている人もいました。

もちろん、ユニークな使い方や、お尻や太ももを乗せる使い方は、販売店もフォローしかねると思いますので、しっかりと気をつけながら、ヤケドなどの肌トラブルにならないように、自己責任で試してみてください。

ボミーEMSスタイルマットの口コミ

本体が軽くて薄いので、思っていたよりも持ち運びが便利だなーと思いました。
まだ使い始めて2日目ですが、脚のむくみがだいぶ取れた感じがします。
本体の上に足を置くだけで良いので、いつも三日坊主な私でも続けられそうです。
これまでに買ったEMSは、粘着パッドやジェルが無くなったら再購入する必要があったりと、気軽に使えるものではなかったので使わなくなってしまいました。
ボミーEMSスタイルマットは、持ち運びも楽にできるし、スマホと同じ充電器で充電もできるので、どこでも気楽に使えるのが良いとおもいます。
使用感は、ナチュラルウォークのレベル3でも、しんどくて10分ももたないくらいの強さがあります。
もっとキツそうなストロングウォークのほうは、意外と楽に感じるので、普段使っている脚の筋肉によって、感じ方が変わるのだと思いました。
使っているときの音がかなり小さいので、周りに誰かがいたとしても、バレずに使えると思いました。
座って使うと、ふくらはぎに刺激が来てるなぁくらいだったのですが、立って使うと同じレベルでも、勝手に足が動くくらい刺激が伝わるので、立って使ったほうが刺激が強くなるんだと思いました。
歩いているという感じがちゃんとあるので、続けてみようと思います。
安いしジェルを塗る必要もなく、上に乗るだけなのでとにかく楽です。
1日使っただけで、翌朝ふくらはぎが引きしまっている感じがしました。
レベル8くらいでふくらはぎの筋肉が勝手にビクビク動き出し、レベルマックスまで上げるとすごく効きました。
縄跳びや脚痩せマッサージと併用したいと思います。
お風呂上りに肌の手入れをしたり、髪を乾かしたりしながら25分間使っています。
足の下にボミーを敷いて、普段やっていることをやるだけなので、時間をすごく効率的に使えている感じがします。
座って使うより、立って使ったほうが刺激が強くなって効いていると思います。
ボミー EMSスタイルマットとマッサージで、いつもむくんでいる脚がスッキリしました。
電流が強めなので、徐々にレベルを上げていきたいと思います。

ボミーEMSスタイルマットの販売情報

ボミーEMSスタイルマットは、楽天で送料無料の税込み6,458円で販売されています。

セット内容は、本体、コントローラー、充電用USBケーブル、取扱説明書です。

支払方法は、クレジットカード、銀行振込、後払い決済(手数料250円)、代金引換、ApplePay、セブンイレブン前払い、ローソン・郵便局ATM等前払いがあります。

ボミーEMSスタイルマットは、多くの販売店が同じ価格で販売しているのですが、購入する販売店によって、特典が変わります。

1番人気の販売店では、

  • 二重形成リキッド
  • シリコンハートパフ

の中から欲しいものを選べます。

お得な特典付き「ボミー EMSスタイルマット」の販売店は、下の画像をクリックして確認してください。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
⇒日経新聞にも取り上げられた人気メーカーの足専用EMS

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする