ストレッチロールS(SR-002)とストレッチロール(SR-001)の違い、特徴、使い方、口コミ

ストレッチロールS(SR-002)は、人気の高かったストレッチロール(SR-001)より

  • 振動回数
  • 形状
  • 操作性

でパワーアップしています。

下の画像をクリックして、ストレッチロールS(SR-002)の詳細を確認してみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホンマでっか!?で紹介されました! ドクターエア ストレッチロールS SR-002
価格:19000円(税込、送料無料) (2019/9/11時点)

楽天で購入

これから、ストレッチロールS(SR-002)の特徴(ストレッチロールとの違いを含めて)、使い方、口コミ、販売店情報をお伝えします。

ストレッチロールS(SR-002)の特徴

振動回数

ストレッチロールSの振動回数は、

振動レベル1=1分間に2,100回
振動レベル2=1分間に3,000回
振動レベル3=1分間に3,500回
振動レベル4=1分間に4,000回

です。

ストレッチロールは、

振動レベル1=1分間に2,300回
振動レベル2=1分間に2,700回
振動レベル3=1分間に3,100回
振動レベル4=1分間に3,700回

だったので、最大振動回数が、1分間に3,700回から4,000回に増えています。

それに対して、最小振動回数は、1分間に2,300回から2,100回に減っているので、激しい振動とゆっくりの振動の幅が広がって、ストレッチしたい部位やその時の調子に合わせて調節しやすくなりました。

形状

ストレッチロールSの形状は、

  • 凹凸なし
  • 横長突起
  • 縦長突起
  • 粒上突起

の4つの形状が1周につめこまれています。

ストレッチロールは、

  • 縦長突起

の1つの形状で一周全部を覆われていたので、背中は凸凹が気持ちいいけど、太ももは凸凹が嫌だなと思っても、そのまま使うしかありませんでした。

しかし、ストレッチロールSは、背中は凸凹で、太ももは凸凹なしでという風に、あてる部位によって、加えられる刺激が変えられるようになりました。

操作性

ストレッチロールSは、ストレッチロールに比べて、使いやすくなりました。

ストレッチロールSには、

  • 電源ボタン
  • 振動レベルプラスボタン
  • 振動レベルマイナスボタン

の3つがあり、

その操作方法は、

  1. 本体操作パネル真ん中の電源ボタンを1回押して電源入れる
  2. 電源ボタンを2回押すと、振動レベル4から振動開始
  3. プラスとマイナスのボタンで振動レベルを調節
  4. 電源ボタンを押すと電源がOFFになる

ストレッチロールのときは、ファンクションボタンというボタン1つしかなかったので、振動レベルを1つ遅くしたいときには、ボタンを4回押さないとダメだったことを考えると、かなり楽に変えられるようになりました。

カラー

カラーは、ブラック、レッド、ブルーの3色です。

ストレッチロールには、ブラック、ピンク、ブルー、オレンジの4色あったので、1色減りました。

サイズ

サイズは、幅32cm×直径15cmで、重量は870gです。

ストレッチロールより、約100g重くなりました。

使い方

1、足裏
本体を地面に置き、立った状態もしくは座った状態で、片足ずつ足を乗せて転がします。

2、ふくらはぎ
本体の前に座って、本体の上に片足ずつふくらはぎ部分を乗せます。
アキレス腱付近から膝下付近までをゆっくりと転がします。

3、太ももの後ろ
本体の前に座り、膝の後ろに本体を入れます。
両手でお尻を持ち上げながら、膝の後ろからお尻までをゆっくりと転がします。

4、太もも前
うつ伏せになって、太ももの下に本体を入れます。
足の付け根から膝上まで、ゆっくりと転がします。

5、内もも
本体を両足の太ももで挟みます。
もしくは、うつ伏せになり、片足を直角に横に開いて、内ももの下に本体を入れて転がします。

6、お尻
本体の上に座り、上半身を傾けながらお尻の上から下までを転がします。

7、腰
仰向けに寝て膝を立て、腰の下に本体を入れます。

8、背中
仰向けに寝て、背中の下に本体を入れます。

9、わき腹
横向きに寝て、わき腹の下に本体を入れます。

10、肩
うつ伏せになり、手を横に開いて、脇の下あたりに本体を入れます。

11、腕
本体の前に座り、両腕を本体に乗せて転がします。

ストレッチロールS(SR-002)の口コミ

床に置くと振動音が響くので、毎日ベッドの上で使っています。
思っていたよりも振動が細かくて、運動後のマッサージとして使えそうです。
これまでは振動が無いタイプのものを使っていました。
でも、やっぱり振動があったほうが気持ちよさが違います。
立ち仕事から帰ってきたら、ふくらはぎをマッサージするようにしています。
振動音が気になるので、厚めのマットレスを敷いて使っています。
音は気になりますが、ストレッチロールSを使い始めてから、背中がスッキリした感じがしますし、足のむくみも良くなりました。
足の裏やふくらはぎ、太ももに使うと、特に効果を感じることができます。
使った後は、足が軽くなるので毎日使っています。
振動レベル1でも十分なくらいの振動があります。
ストレッチロールSをあてた部分の血行が良くなっているのを感じれるので、使い続けてみようと思います。

ストレッチロールS(SR-002)の販売店情報

ストレッチロールS(SR-002)は、楽天で送料無料の税込み19,000円で販売しています。

セット内容は、本体、充電用ACアダプタ、取扱説明書、保証書です。

楽天では、たびたびポイント10倍キャンペーンが行われていて、そのときに購入することで、1,900ポイントもポイントが付くのでお得に購入することができます。

下の画像をクリックして、ストレッチロールS(SR-002)の販売店情報を確認してください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホンマでっか!?で紹介されました! ドクターエア ストレッチロールS SR-002
価格:19000円(税込、送料無料) (2019/9/11時点)

楽天で購入

さいごに

ストレッチロールS(SR-002)は、ストレッチロール(SR-001)と比べて、振動回数、形状、操作性がかなりパワーアップしているにも関わらず、価格は1,000円しか変わりません。

どちらを買うかで迷った時は、迷わずストレッチロールS(SR-002)を選んでもらって間違いありません。

ストレッチロール(SR-001)の詳細はこちらです
ストレッチロールSR-001の特徴、効果、使い方、口コミ情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする